Skip to main content

平成の終わりに

見送る時~迎える時を感じています。 新しい元号は、【令和】 発表された時、私は内側に清々とした風が吹いてくるように感じ、その瞬間に涙が、不思議ですね。「言霊」なのでしょうか……

平成最後の日になりました。

平成から令和へ

【令和】から、感じる内側の意識との出逢い。チベット語では「希望」を意味し、ラテン語では、「神からのギフト」そんな意味があるそうな。

明治以降日本は常に発展、成長を願い進んできました。文明開化、富国強兵、殖産興業。植民地支配。その結果、先の大戦では本当に大きな犠牲を払いました。戦後の高度成長、経済発展の時代は昭和とともに終わりました。これからは人口減少、高齢化。地方の衰退。外国人との共栄。ロボットやAIが働き、人の働き場所が変わっていく時代が来ます。

令和の時代の日本はグローバリズムから脱却し、独立したまともな国になれたらいいのになあと思います。そして自立した日本人の精神を取り戻すための足固めとして新渡戸稲造の「武士道」を今一度この時代の変わり目に読み直してみるのも良いのではないでしょうか。
アメリカの価値観に洗脳される前の日本の精神がそこには記されています。いろいろな意味で、今の日本に必要なものに出会えるはずです。


新渡戸稲造の『武士道』

新渡戸稲造の『武士道』に書いてあることは、大きく分けて二つあります。一つは、克己。欲望を抑え、辛いこと苦しいことに耐え、自分を磨き高めること。名誉を重んじ、恥を知り、勇気をもって悪と戦うこと。もう一つは、公のために生きること、他人のために役立つこと、人を思いやること、そういう生き方が立派であるということ。

それは論理を超えたもので、正しいことは正しい、間違っていることは間違っている、という善悪の区別を持つことが大前提なのです。武士の教育の目的は人格を作ることであり、頭がいいとか知的だとか、弁論に長けているといった能力はそれよりも重要ではないということ。アメリカなどで教えることはこの逆であり、だからこそ武士道をはじめとする日本の道徳を知った外国人は感動するのだそう。


新たな時代を創造

日本人の本来持つ、たおやかさ、優しさ、礼節……太古の天皇から受け継いできた内なる意識。5月1日新天皇即位。私達日本人は、【令和天皇】と意識をひとつにして新たな時代を創造していくように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です