Skip to main content

限られたスペースを有効に

長年の塾経営で培った経験とノウハウ。個別指導事業収益を生み出す仕組み、その戦略に則った個別指導用ブースとプライベートブースの数と配置。

デスク寸法を調整して

限られたスペースに無理なく無駄のない配置を塾長と話し合いを重ねて理想を具現化しました。

入塾して本当に良かったなと保護者・生徒に実感して頂けるような塾づくりを塾長が先頭に立って講師スタッフワンチームで真摯に実践されています。

学校の授業補完として学習塾の需要が高まる

様々なタイプの生徒さんと向き合い、先生1人に生徒さん2人までという学習環境の中で、一人ひとりに最適な学習プランを提供しています。

ついに2度目の緊急事態宣言が一都三県にだされました。昨年は学校が休校になるという状態の中ででしたが、今回は各自治体や学校単位で対応に違いもあり、加えて受験シーズンもあいまって、塾の対応もさまざまです。

新型コロナウイルス感染の不安から、例年よりも受験直前の時期に、受験生を抱えるご家庭は学校を自主休校させる保護者が増え、自宅や学習塾での学習に注力する子どもが増えることが予想されます。

学習塾は授業や運営面をデジタル化するなど、コロナ禍でも子どもの学習をサポートできる対策を行う必要がありそうだ。

教室のコロナ対策を徹底した結果、他塾からの転入が増えているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です