Skip to main content

コミュニケーションスキル

個別指導塾の場合は、指導能力や方法はもちろんですが、特にコミュニケーションスキルの高さがとても重要です。

個別指導塾の場合は、勉強をメインに考えている生徒のみではなく、学校での生活がうまくいかずに塾にしか居場所がないという生徒も多いので信頼関係を築くことがより大切で、基本的には生徒のペースで授業を進めていくことが重要ですね。

保護者との信頼関係を築ければ大きなリターンも。

部活動や学校生活の悩みや、時には親子関係にまで相談に応じなければならないこともしばしば。しかしそんな関係を築くことが出来れば先生への信頼度も相当なものです。そうなれば、兄弟で通わせるケースが増えるだけでなく、友人や知人、また大学受験まで長期的な関係を築ける可能性も高くなりますよね。

生徒に合わせつつペースを保つ

基本的には生徒のペースで授業を進めつつ、定期試験対策や受験を視野に入れた大まかな授業計画の作成も必須となります。生徒のみならず保護者とも、どの時期に何を行うのかを明確にして情報・計画を共有して授業を進めることも安心と信頼につながります。

コミュニケーションスキルを上げるということは、

授業と質問応対といった緩急をつけた指導能力、指導計画の策定と記録、保護者への実態報告と家庭学習の調査等とにかく受け持った先生はご家庭に、ほう(報告)れん(連絡)そう(相談)を欠かせては保護者の信頼を得ることはできません。

究極の個への対応=個別指導塾

個別指導塾の場合は、一人ひとりに合った指導方法の多彩なアイデア、コミュニケーションスキルがとても重要。

集団塾についていけない子や、集団塾では授業スピードが遅いと考えている、苦手科目・分野に特化した指導等、個別指導塾に求めるものは千差万別です。そのためにも豊富な知識・経験に基づくコミュニケーション能力の高さが求められるのです。成果がカタチになりやすいので熱意をもって指導にあたれば実にやりがいのある教育スタイルでもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です