Skip to main content

暑い夏を『熱い夏』にする

「暑中見舞い申し上げます」

本格的な夏の到来を迎えますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 この先、夏の太平洋高気圧が勢力を強め、九州から関東で晴れ間が出る日が多くなってきます。 台風と梅雨前線がセットになって深刻な大雨になるおそれも? あるので気をつけて下さいね。

夏本番前にやっておきたい暑さ対策

部屋を寒色系インテリアにするだけでも、いかにも涼しげになります。これは視覚が体感温度に大きく影響するため。観葉植物をいくつか置くのもいいですね。

直射日光の照射を防ぐための暑さ対策は、部屋の内側にカーテン。しかし照射が直接振りかかる部屋の外側にも防御の壁を作ってあげないと、カーテンだけでは夏の猛烈な日射しには歯が立ちません。そこで簾(スダレ)や葦簀(ヨシズ)といった日除けを取り付けます。日除けは必ず窓の外に窓から少し離して設置すること。室内に日除けを設置すると、日射しの熱が室内に残るためです。これでは暑さ対策になりませんよね。室外設置なら日射しの8割までも遮断できるので、猛暑日ならば体感温度にして5度は違ってくるはずです。

エアコンのフィルターがホコリで目詰まりすると、冷却効率が下がり電気代がかさみます。エアコンの稼働シーズンが来る前に、フィルターを綺麗に掃除しておきましょう。また暑い日が続くエアコン稼働シーズン中も、2週間に1度は清掃をこころがけましょう。

昔の扇風機だけの時代に比べると、

自分でも 「暑さの耐性」 が無くなってきたのか。。。

ゲリラ豪雨もそうですがここ数年の気候変動は

だんだん振れ幅が大きく、全体的に温暖化が進んでいるような実感も…。クールビズとなり、半袖でノーネクタイというスタイルにどれだけ助けられていることか。

暑い暑いといって、嘆いていても何も変わらない。暑い夏を迎える前に、気持ち、涼やかに仕事はとことん熱く、、、皆さん頑張っていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です