Skip to main content

▼▼▼ 戦闘能力 ▼▼▼

ここ数年、数十台のキャレルデスクを毎年定期的に御導入いただいている塾長様と、「塾が狙うべきユーザーの価値観」「塾が提供できる価値」など世間話とともにお話させていただきました。

その折、同席された男性スタッフに正直、好印象を持たせていただきました。とにかくモチベーションが素晴らしく高い。塾長曰く、
「できません」「無理です」「いっぱいいっぱいで・・・」
といった、後ろ向きのコメントを聞いたことがないとおっしゃいます。さらに、

過去の成功体験に依存することなく、新規事業などに取り組んだとき、ベテラン社員ほど、 できない理由を全面に 「立地」「消費者」「環境」「戦略」などを理由として「逃げ」の発言をすることが多い中で、

常に「取り組み次第で成功させられる!」という確固たる信念を持っている

と太鼓判。確かに発言自体が終始プラス発想でした(´∀`)

最前線に立っている人が「できるはず」と考えているか、「できないかも…」と考えているか、によってその後の結果はまったく違ってきます。

事業を推進するのに、戦略に基づいた戦術が大事ということは、当たり前なこと。しかし、何より現場で働く講師の皆さんの個々の

        ▼▼▼ 戦闘能力 ▼▼▼ 

が如何にあるか、企画を問う前に、マンパワーが最終的に勝敗を分けるんだと改めて確信致しました。

「意志あるところに道は開ける」を地で行っている。今後益々、成長されるのでしょう。本当に楽しみ(^^) まさに売り出し中の好青年!大志を抱いて更に躍進してください!!

th

 

 

最後に塾長から、

『この仕事は誰を幸せにするのか?それをいつも問わなアカンで』

金言いただきました。

 

感謝と謙虚な気持ちをもって、

「先ずは戦闘能力を高める!」 頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です