Skip to main content

『 わが子には教育を !!」

打ち合わせのため、電車で奈良へ出張。会議が早く終わったので、二十年に一度という春日大社の国宝御本殿拝観に向かいました。その車中での事、靴を履いたままの園児が落ち着きもなく外の景色を眺めていました。 AIR PEGASUS 92-16

今風の親もスマホに熱中、そのことには全くの無関心で注意もしません。 Western Kentucky Hilltoppers Jerseys

仮に、私が靴を履いたまま外の景色を見ている子どもに、「靴をぬぎなさい」と注意をするとどうなったでしょうかね。 Boston Celtics 母親が、うちの子育てに口を出すなといわんばかりににらみ返し、 「そんなん、自由でしょ」 などということもあるやもしれません。 「おじさんが怒らはるし、あんた靴脱ぎ」 というのはまだましなのかな。「おじさんが怒らはるし」ではなくて「すみません、気がつかなくて…」でしょうよ。と勝手な妄想を巡らしているうちに近鉄奈良駅に。

「何の権利があってうちの子を叱らはるんですか」とか「うちの子育てに口出さんといてください」、こんな言葉が親から聞かれるようになった昨今。これも自由や個性や権利という耳障りのいい言葉の上っ面だけを理解していることによる弊害なのでしょう。

自由は「規則」をまもることによって、個性は「基本」があって、権利は「義務」を果たすことによってこそ成り立つ、このことを忘れてはならないといつも考えています。 fjallraven kanken pas cher

special_06

『 わが子には教育を !!」

●●● 親心は今も昔も変わらない ●●●

江戸末期の子どもの就学率は70%をこえていたといから驚きだ。

江戸時代は封建社会である。

武家は支配階級だから、それにふさわしい教育を受ける必要があった。学ぶのは藩校である。その藩校の最高峰が「昌平坂学問所」。 new balance homme

一般庶民が通うのは寺子屋。 FREE RN 思想的な教育は一切なく「読み・書き・そろばん」。 Air Jordan 5 武士・僧侶が教師となり「手習い師匠」と呼ばれ最低限の知識を身につけさせることを目的とした。

この二極化した教育機関の隙間に存在したのが『私塾』である。漢学塾、国学塾、洋学塾など教師の特技を生かした講義がなされた。 Air Jordan 5 Homme 寺子屋出身が私塾に通うケースも多かったようだ。

この当時、人気があったのは「洋学」。蘭学に始まった洋学熱は次第に、英学、フランス学、ドイツ学など、外国語を中心とした学問へと広がりを見せる。

語学とともに、外国の進んだ見識を学べることが「洋学」の魅力だったのだろう

 ・・・ 決して裕福ではなかった時代。 Nike Hurley ・・・

 だからこそ、//////////////// 「 我が子には教育を! 」 ////////////////

             親心は今も昔も変わらない。

2 thoughts to “『 わが子には教育を !!」”

  1. 親心は今も昔も変わりませんね‼︎
    『親』という字は、「立つ木を見る」ですもんね!
    大切な事をキチンと教え導いて、余計な口出しはせずに成長を見守っていたいです(⌒▽⌒)

  2. コメントありがとうございます。子を見れば親がわかるといいますね。自分の事もそうですが、特に子供の前では襟を正さなければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です